top of page

能登半島地震

元日に起きた能登半島地震は、発生から2週間が過ぎ、ようやく余震が減ってきましたが、一方でその被害の大きさが次々と明らかになってきました。輪島市では海岸線が85キロメートルにわたり隆起し、海側へおよそ250メートルほど拡大した、あるいは1分間の揺れの間に4メートルも隆起したという、簡単にイメージすることができないような現象も報道されています。この隆起によって津波被害は軽減されたと考えられる一方で、漁港では陸になった部分に船が残り、漁港を復旧するためには隆起分を掘り下げるような大工事が必要になるとも言われています。 私は岐阜県の出身ですので、ずいぶん前に「根尾谷断層」を見に行ったことがあります。この断層は、1891年(明治24)年10月28日に発生した濃尾地震(Ḿ8.0)の際にできたものですが、数十キロメートルに渡って地表に断層が現れ、最大で横ずれ8メートル、縦ずれ6メートルということです。 私たちは地震が起きるメカニズムも理解し、大地が固定されたものではないことも分かっていますが、今回の能登半島地震のような規模の地殻変動をリアルにイメージすることはなかったのではないでしょうか?

今回の地震は3000年から4000年に1回の規模とも報道されていますが、そのような長いインターバルの地震は、自分たちが生きている間に起きることはないと考えてしまっているような気がします。 一方で、南海トラフ地震の発生が危惧されています。こちらは、3000年とか4000年というインターバルではなく、100年から200年という短いインターバルで発生しており、至近では、昭和東南海地震(1944年)とその2年後に昭和南海地震(1946年)が発生しています。

それにも関わらず、その備えは遅々として進まない感があります。政府は国土強靭化に取り組んでいますが、私たち自身が自分事として実感できないところがあります。自助、共助、公助の順だと言われていますが、少子高齢化が進むことで、助けられる側の人が増え、助ける側の人は減っていってしまいます。大規模災害発生時にトリアージが行われることは理解していますが、これから起きる震災では、無傷の高齢者がトリアージの対象になってしまうかもしれません。そのような私たちがこれまでに経験したことがないような悲惨な状況になることも想像できます。 能登半島地震から私たちは何を学び、どう生かすべきなのでしょうか?

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

産業防災研究会

「本音の会」がその活動を終えた後、しばらくして2022年6月に「産業防災研究会(仮称)」が発足しました。事務局は「あいち・なごや強靭化共創センター」が担い、座長は同センター長の福和先生(名古屋大学名誉教授)が「本音の会」から引き続いて務められています。(2023年7月からは(仮称)が外れました) 同センターは、大規模自然災害の発生に備え、産学官で戦略的に愛知・名古屋の強靱化を推進するため、愛知県、

「本音の会」と「産業防災研究会」

2015年頃だったと思いますが、あるとき中部電力から名古屋大学へ出向し、同大学の減災連携研究センターで准教授をしているT氏からの要請で、「本音の会」に参加することになりました。当時、私は碧南火力発電所(国内最大の石炭火力発電所)で技術部長をしていましたが、「本音の会」で同発電所のBCP(事業継続計画)について話してほしいとの要請でした。詳しく話しを聞いてみると、どうやら参加者に向けて講演を行うとい

能登半島地震‐2

能登半島地震については、先の投稿で余震が減りつつあると記載したのも束の間、震度5弱や4の揺れが続いています。私の同僚が富山の実家へ帰省していて地震に遭いましたが、小学生のお子さんはメンタル面で影響を受けたかもしれないとのことでした。家の中にいましたが、家屋に被害が出るような状況ではなかったものの、経験したことがない揺れや、家族の振る舞いを目の当たりにするなどして、心に相応の影響を受けたのだと思いま

bottom of page