top of page

日食ツアーのつづき



今回参加した日食ツアーでは、ヒューストンにあるNASAの宇宙センター(ジョンソン宇宙センターのビジターセンター)の見学も組まれていました。アポロ計画で使用されたサターンⅤ型ロケットや、実際に運用されていたミッションコントロールセンター、B747ジャンボ機に乗ったスパースシャトルなどを見学することができました。ここも一度は訪れてみたい場所でした。 サターンⅤ型ロケットは1967から1973にかけて使用されたロケットですから、今から57年も前のものです。日本のHⅡロケットは工場を見学させていただいた際に少し離れたところから見させていただいたことがありますが、サターンⅤ型は間近で見るとその大きさ、迫力に圧倒されます。こんなにも巨大なものが本当に飛んだのか!?と、約60年近く前の技術に驚かされます。

ミッションコントロールセンターの指令卓は、モニター自体は現代のものに更新されていると思われますが、それ以外は当時のそのままの状況が保存されています。コンピュータがまだ黎明期にあった時代であり、アポロ計画に使われたコンピュータは任天堂のファミコンの2個分の計算速度しかなかったとも言われています。あれから約60年、宇宙へは次々と人工衛星が打ち上げられ、私たちの生活にも役立てられています(天体写真と撮影する私にとっては、少々邪魔な存在でもありますが)が、アポロ計画から比べると、技術の進歩に対して人間の魂を大きく揺さぶるほどの進展がないようにようにも思えます。(勿論、大きいものを打ち上げれば良いというものではありませんが) 宇宙センター入口の壁面には、Back tо the Moonと大きく書かれていました。現在、アルテミス計画が進行中ですが、人類が再び月に降り立つ瞬間を見ることができるのは、そんなに遠い未来の話しではなさそうです。



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

客室乗務員の相互確認

旅客機の離陸前に「客室乗務員は、ドアモードをアームドに変更してください」というアナウンスが行われます。このモード変更を怠ると、緊急時に脱出スライドが展開しません。 2008年5月に宮古から那覇に到着したB737型機において、前方右側ドアの脱出スライドが展開しない状態となっていたことが確認されました。出発時に客室乗務員がモード変更を忘れたことが原因です。 アームドに変更するということは、ディスアーム

福知山線脱線事故から19年

2005年4月25日に発生した事故から19年が経ちました。事故現場では追悼慰霊式が行われ、遺族、被害者、JR西日本の幹部らが祈りを捧げました。 JR西日本の安全性向上対策は今どうなっているのかを検証する記事がありましたが、まだまだ道半ばとはいえ、19年の長きにわたり取り組みを続けていることに、まずは敬意を表したいと思います。悲惨な事故を二度と起こさないために、今も現場で頑張り続けている方たちがいま

Comentários


bottom of page