top of page

パルウイルス


先日『パルウイルス』(高嶋哲夫著)の文庫本を読みました。この本は昨年3月に単行本が刊行され、今年4月に文庫本が出ました。ネタバレになってしまいますから、内容について詳細をご紹介することはできませんが、表紙の帯には「太古から最凶のウイルスが襲来!」と書かれていますから、この本が扱っているテーマは容易にイメージできると思います。

私は高嶋哲夫さんの小説をこれまでに20冊ほど読んでいますが、2005年に出版された『TSUNAMI』から6年後に東日本大震災が起き、2010年に出版された『首都感染』から9年後に新型コロナが中国・武漢から広がり、やがてパンデミックとなりました。『パルウイルス』(文庫本)の解説を担当した書評家の郷原宏氏は、「新型コロナ以降の新たなパンデミック危機に警鐘を鳴らす近未来小説の力作」と評していますが、この小説は地球温暖化への警鐘にもなっています。

2年以上連続して温度が摂氏0度以下になる地面のことを「永久凍土」といい、永久凍土が存在する領域は北半球陸域の25%程度を占めるそうです。永久凍土の中には大量の有機物が貯蔵されており、地球温暖化によってこれが融解すると、それまで凍結していた有機物が分解されて、メタンや二酸化炭素などの温室効果ガスが大気中に放出されると懸念されています。温暖化を加速させる要因になり得るということでしょう。

一方、永久凍土の中には数多くのウイルスが潜んでおり、2014年には3万年前の永久凍土から巨大ウイルス「ピソウイルス」が発見され、復活させることに成功しているほか、2015年にも「モリウイルス」という別の巨大ウイルスが永久凍土から発見されています。このような例は他にもたくあり、2015年にチベットの氷河から見つかった33種類のウイルスのうち28種類は未知のウイルスだっということです。2016年にはシベリアの永久凍土の中から現れたトナカイの死骸から解き放たれた炭疽菌が、2千頭以上のトナカイに感染し、少年ひとりが亡くなりました。

『パルウイルス』も永久凍土が溶け出すことで太古のマンモスやそのほかの生き物が地表に現れ、そこから未知のウイルスが復活する(このぐらいは紹介しても良いでしょう)というストーリーであり、これが現実化しつつあることを踏まえた警鐘になっています。

拙著『玩プー』は、『パルウイルス』とは比べ物にならない貧弱な作品ですが、新型コロナが終息しつつある今(実際には新たな変異株が見つかっています)、あの時の教訓が忘れ去られ、乗り越えたという達成感から「次も大丈夫」「大したことはないさ」という誤った安心感が醸成されてしまうことへの(小さな)警鐘を鳴らしたつもりです。

人類は、これまでも様々なウイルスと闘い、多くの犠牲を伴いながらも生き延び、今の繁栄を手にしてきました。しかし、近年では必要以上に多くの薬を服用したり、多くの化学物質を体内へ取り込むことなどで、人間が本来持っている免疫力や自然治癒力が低下しつつあることが懸念されています。果たして現代人は太古のウイルスに打ち勝つことができるのでしょうか?

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

A2ーBCP(その2)

前回は中部国際空港のBCP(A2ーBCP)を話題にさせていただきました。同空港のA2ーBCPの概要はホームページで公開されていますが、今回はこれを元にその内容の一部を確認してみたいと思います。(産業防災研究会で議論されたことは非公開となっていますので、その内容には触れません) まず、同空港で想定されている自然災害は、南海トラフ地震を想定した地震動が「震度6弱」で、津波の浸水被害は空港島周辺部で1m

A2ーBCP

先日の「産業防災研究会」のテーマの1つは「A2ーBCP」でした。A2ーBCPとは「Advanced」(先進的)な「Airport」(空港)のBCP(Business Continuity Plan :事業継続計画)のことであり、平成30年(2018年)9月に日本へ上陸した台風21号(死者14名)によって、関西国際空港が一時孤立する事案が発生したことを踏まえて各空港で策定が進みました。 同台風21号

産業・組織心理学会(産業安全への生成AIの活用)

6月1日に産業・組織心理学会が主催する第153回部門別研究会にオンラインで参加させていただきました。テーマは「産業の安全性向上に生成AIをどう活かすか」。コーディネーターは私がいつもお世話になっている宮城学院女子大学の大橋智樹先生です。 この研究会のご案内をいただいた際、テーマを見て最初はピン!と来るものがありませんでした。私自身が生成AIを使っていないということもあるのでしょうが、産業安全に生成

Comments


bottom of page