top of page

シミュレーター


この物語は、けたたましく鳴り響く警報音から始まります。火力発電所の運転員である主人公の専一は、すばやく警報に対処する。その行動は迅速かつ的確で、操作は大胆に見えますが、詰めはとても繊細です。

この最初のシーンは、実はシミュレーター訓練です。専一は主制御員の社内ライセンスを取得するために、運転員上級コースの訓練を受けていたのです。

私自身、初級、中級、上級とひと通りの訓練を受けてきました。上級コースは、発電プラントの代表的なトラブル十数項目を訓練します。訓練は数日間にわたり実施され、各項目を順次こなしていきますが、最終日の検定は、どのトラブルが起きるのかは事前に知らされません。このため、トラブルが発生するまではドキドキしますが、何が起きたかがわかれば落ち着いて対応できます。

さて、私は異業種交流安全研究会の活動を通じて、これまでに、航空、鉄道、船舶などのシミュレーターの見学や体験をさせていただきました。どの分野でも、シミュレーターは技能訓練を主目的として導入されていますが、技能習得だけのために用いるのは勿体ない。航空界では、CRM訓練(LOFT)に用いられていますが、鉄道、船舶でも工夫を凝らした使い方がされています。

たとえば、JR東日本の「失敗させて気づかせる訓練」です。使われているシミュレーターは、1997年10月に中央線大月駅で起きた列車衝突事故を教訓として開発された「事故予防型シミュレーター」です。このシミュレーターでは、さまざまな故障や異常事象を模擬することができ、指導員はそれらを工夫して組み合わせることで、ベテラン運転士が思い込みや勘違いをするように仕向けます。そのうえで重大事故に至る事象が仕掛けられ、まんまとその罠にかかって痛烈な失敗を経験することになります。

ベテランになると日々の仕事に不安を感じることがなくなり、自分は大丈夫と漫然とした自信過剰状態に陥ります。その慣れや油断が大事故を起こすリスクにつながるのです。(詳しくは、『現場実務者の安全マネジメント』をご参照ください)

船舶でも川崎汽船研修所では、海運版CRMとも言えるBRM訓練に加えて、「事故事例研修」をシミュレーターを用いて実施しています。この内容については、別途ご紹介させていただきます。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

客室乗務員の相互確認

旅客機の離陸前に「客室乗務員は、ドアモードをアームドに変更してください」というアナウンスが行われます。このモード変更を怠ると、緊急時に脱出スライドが展開しません。 2008年5月に宮古から那覇に到着したB737型機において、前方右側ドアの脱出スライドが展開しない状態となっていたことが確認されました。出発時に客室乗務員がモード変更を忘れたことが原因です。 アームドに変更するということは、ディスアーム

福知山線脱線事故から19年

2005年4月25日に発生した事故から19年が経ちました。事故現場では追悼慰霊式が行われ、遺族、被害者、JR西日本の幹部らが祈りを捧げました。 JR西日本の安全性向上対策は今どうなっているのかを検証する記事がありましたが、まだまだ道半ばとはいえ、19年の長きにわたり取り組みを続けていることに、まずは敬意を表したいと思います。悲惨な事故を二度と起こさないために、今も現場で頑張り続けている方たちがいま

Comments


bottom of page